システムエンジニアに求められる発想力

システムエンジニアの仕事の中心となるのは、ある課題が発生した場合にそれを解決する方法を情報技術の力を用いて解決することです。その際にはありきたりのものではなく、新しい発想に基づいて革新的な戦略を考えることが必要とされるため、既存の枠組みにとらわれない柔軟な思考力や、それを可能にするための幅広い知識をもつ人材が求められます。それに加えて情報技術の基本的な知識と、仕様書等を記述する際に肝要となるプログラミングの知識や経験があることが理想的な条件です。

主軸となるのはいかに豊かな発想を持つかという点であり、そのために必要な知識を適宜つけていく意欲や貪欲さの高さも重要となる点です。エンジニアとしての知識や技術力等を身につけるために学校に通う場合もありますが、単に技術だけを教える学校であればあまりおすすめできないのが現状です。そのような学校では、技術のみの豊かな発想は身につかないからです。

自由な発想に加え、専門的なスキルや知識をしっかりと学ぶことにより、システムエンジニアとしての成功により近づくのだと思います。特に現場で必要とされる資格取得に力を入れている学校で教育を受けることによって、一定水準以上の戦略を考案するノウハウを身につけることができるとともに、現場で機能する人材となれる可能性は高まるでしょう。

万が一、技術や知識のみをガチガチに詰め込むような学校に入ってしまった場合には、疑問点に対するハテナを自由に発想するチャンスが消えてしまう可能性もあるため、学校を変えるか、疑問点は自宅で解決できる環境をつくって独学と併行させることもよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です