システムエンジニアとして通用する人材人口

社会でコンピューター技術の重要性が増してくるに従って、開発者人口を増やしていく必要が出てきました。またさらに、開発分野の専門性が高まり、専門技術を持ったプロフェッショナルを育てなければなりません。ソフトウェアやコンピューターシステム開発を担うシステムエンジニアは、情報通信の業界で重要な開発要員であり、そ人材の養成が急務です。システムエンジニアを育てる学校の学科も創設され、技術者の人口を増やしています。

しかし一方で、実際にシステム開発の現場で通用するだけのスキルを持った人材を、具体的に育てられるかどうかが重要です。システム開発の現場では即戦力を求める傾向にあり、学校を卒業した後にはすぐに開発の仕事に携わることができるような、エンジニアとしての実力を持っていなければなりません。このような実力を持った人材は、実際には学校を卒業した人の中でも割合は少ないのが現状です。

こうしたことから、システムエンジニア育成のための学科を創設すると同時に、即戦力として通用する人材の人口を増やすこともまた、教育機関の使命とされています。技術者育成を担っている教育機関としては、どのような人材が求められているかについて、技術開発の業界と互いに情報交換を行うことが必要です。必要とされる技術者を育成するためのカリキュラムを、授業の中に取り入れれば、その指導により開発で通用する実力を持った人材が育成できます。

実際に現場で即戦力として活躍できる知識・技術を習得しておくことは非常に重要です。教科書どうりの知識では、学校を卒業しても未経験と同じ状況になってしまうケースも少なくありません。そのため、現場で直接役に立つ資格取得に力を入れている学校で学ぶことも、直接希望の仕事の携わる可能性を広げると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です