やりがいも指導するシステムエンジニア学校

学校では、知識や技術を学ぶことができます。情報技術関連の教育施設では、システムエンジニアやプログラマーなど、開発に関わるエンジニアを育成する学科が設けられていて、仕事で役立つスキルが身につけられます。

しかし、こうした教育施設では、ただ仕事で役立つ知識や技術だけを指南していれば良いというわけではありません。仕事を続ける上で重要であるのは、やりがいを見つけることです。技術者として必要な知識や技術を持っていたとしても、その仕事に携わる意義を自ら見出さなければ、モチベーションを維持することはできません。特に、激務の仕事に関わることになると、精神面ですぐに屈服してしまい、ストレスなどの原因からリタイヤするということにもなりかねません。

システムエンジニアを育成する学校では、直接的な技術指導に加えて、その仕事を続ける意欲を持てるやりがいについても、学生たちに対してレクチャーする必要があります。情報技術開発が、どのように社会に役立っているかや、将来得られる収入の可能性など、勉強や仕事の意欲につながる情報を提供することも大事です。明るい将来が待っていることが分かれば、その途中経過に困難が待っていたとしても、耐えることができます。

学生の頃に、やりがいを意識して勉強に打ち込む習慣を身につければ、その後情報技術開発の職場に携わるようになった場合にでも、プレッシャーに強い技術者として活躍可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です